×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ
パソコンでしてはいけない事ーセキュリティソフトの多重使用は危険!パソコンを安く買う方法のホームページへようこそ♪ 
激安パソコン格安ぱそこん購入方法
不要なソフトは無い!高性能で格安なPC! 安心のメーカー富士通でOffice付高性能激安PC 初めてのPC購入で失敗したくない人はコレ!
Lenovo B590 Windows7 富士通 FMVA30KB2 高性能でOffice付き 安いパソコンを買うには少しのポイントをおさえるだけ!高性能ノートPC! FMVA53M
パソコンでしてはいけない事 - セキュリティソフトの多重使用は危険!! 
パソコンをウイルス・スパイウェア等から守るためにはセキュリティソフトは欠かせません。

しかし、セキュリティソフトを沢山入れる事でセキュリティ効果が高まるわけではなく、2つ以上インストールしてしまうとシステムが破損する原因になります。

セキュリティソフトを多重使用した事で主にどの様な症状が発生するかと言うと、インターネットの閲覧が出来なくなったり動作が遅くなる他、セキュリティソフトのアンインストールが出来なくなる事や、PCが起動しなくなる事もあります。

また、パソコン内にはMicrosoft Security EssentialsやWindows Defender等の無料セキュリティソフトが入っている事が殆どです。

WindowsDefenderはOSにもよりますが標準搭載されており、基本的には他のセキュリティソフトをインストールすると自動的に無効化されたり有効化されるので、他のセキュリティソフトと同時にインストールされていても不具合が発生する事は少ないのですが、ごくまれに他のセキュリティソフトを入れているにも関わらず自動的に無効化されず、不具合が発生する事もありますので、下記の事項に注意しておきましょう。




【その1】Microsoft Security Essentialsを使わない人はアンインストールする
Micosoft Security Essentialsをインストールした覚えがない方もWindows Update等によって自動インストールされている事があるので、アンインストールされている事を必ず確認しておきましょう。

アンインストールは下記の手順で行います。

1、キーボードの[スタート]を押しながら[R]キーを押す

2、「Appwiz.cpl」と入力して[Enter]を押す

3、「MicrosoftSeccurityEssentials」を右クリックから削除
 



 【その2】Windows Defenderを無効化する
Windows Defenderを使わない場合は、アンインストールではなく無効化にします。


WindowsDefenderの無効化は下記の手順で行います。

1、[コントロールパネル]から「WindowsDefender」をクリック

2、[ツール]をクリック

3、[オプション]をクリック

4、[管理者]をクリック

5、「このプログラムを使用する」のチェックを外すと無効化されます



スポンサードリンク


     


copyright©2013 パソコンを安く買う方法 激安PC格安PC購入方法





QLOOKアクセス解析