×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ
デフラグは危険?! 手動デフラグによりパソコンの状態が悪化する事もある - パソコンでしてはいけない事
激安パソコン格安ぱそこん購入方法
不要なソフトは無い!高性能で格安なPC! 安心のメーカー富士通でOffice付高性能激安PC 初めてのPC購入で失敗したくない人はコレ!
Lenovo B590 Windows7 富士通 FMVA30KB2 高性能でOffice付き 安いパソコンを買うには少しのポイントをおさえるだけ!高性能ノートPC! FMVA53M
パソコンでしてはいけない事 - 手動によるデフラグは危険?!
デフラグとは、パソコン内で断片化した見えないファイルを元の位置に戻す作業です。
デフラグをする事でPCの起動速度やその他の体感速度も速くなると言われています。

基本的にはPCが必要に応じて自動的にデフラグを行ってくれますので自分で行う必要は特にありません。

デフラグとはシステムの復元やレジストリ操作と同じでシステムファイルが破損する事も多いので、パソコンの動作が遅いからと言ってデフラグをしてしまうと、更に状態が悪化する事も多いです。

更に、正常に動作しているパソコンでもデフラグによってPCが起動しなくなる事もあり、デフラグによって動作が快適になるとしても殆ど体感速度は変わりませんので、手動でデフラグを行う事メリットよりも危険性の方が高いと思っていいでしょう。

パソコンの動作が不安定になってしまった時や動作が遅い時には、まずは不要なデータから削除し、それでも改善しない時にはシステムの復元を行ってください。

システムの復元はOSによって異なりますが、下記の手順で画面を表示出来ます。

1、画面左下の[スタート]をクリック

2、[全てのプログラム]をクリック

3、[アクセサリ]をクリック

4、[システムツール]をクリック

5、[システムの復元]をクリック



デフラグをした事で悪化してしまった症状一覧
スポンサードリンク

・デフラグをする前よりもパソコンの動作が全体的に遅くなった。

・電源を入れると青い画面に白い文字の"ブルースクリーン"が発生した。

・パソコンの速度は多少速くなったと感じたが、手動でデフラグをしてからエラーの表示が増えた。

・電源を入れると、黒い画面に白い文字でエラーが表示されてPCが起動しなくなった。

・何度デフラグをしても途中でエラーになり停止してしまう。更に以前よりも動作が遅くなった。

・デフラグ終了後に再起動をするとメーカーのロゴより先に進まなくなった。

・Windowsが正常に起動せず、セーフモードでしか起動しなくなった。


デフラグをした事によって万が一これらの症状が発生してしまった場合にはシステムの復元を使い、デフラグをする前の日時へ復元をする事で解決出来る場合があります。

システムの復元でも解決出来ない場合には、リカバリー(初期化)で解決する事も多いですが、これらの作業はデータが消えてしまう他にも状態が更に悪化する事もありますので、不安な方はPCのメーカーやPCトラブルの無料相談所などを利用して事前相談される事を推奨します。


スポンサードリンク 




スポンサードリンク
 パソコンを安く買う方法!
◆Menu◆
トップページ

初めてパソコンを買う

パソコンの選び方

パソコンを安く買う方法

パソコンが安く買えるお店

パソコンの初期設定

パソコンのメンテナンス

パソコンを高く売る方法


パソコン以外も安く買う小技

 パソコン入門
◆Menu◆
クリックとは

ダブルクリックとは

トリプルクリックとは

右クリックとは

ドラッグアンドドロップ

右ドラッグアンドドロップ

メモリ増設で速度アップ

 PCを使う上での注意点
◆Menu◆
強制終了

電源を切る前にカバーを閉じる

セキュリティソフトの多重使用

デフラグ

スタートアップ修復

エラー回復処理の繰り返し

危険なコマンド

OSのサポート期限について

 上級者向けのトラブルナビ
◆Menu◆
リカバリーが出来ない原因

AFTと非AFTの違い・見分け方

AFT・非AFTのHDD一覧

フォルダが削除できない時

YouTubeの再生ができない時

プリンタプールでトラブル解決

メーカー別問い合わせ先一覧




copyright©2013 パソコンを安く買う方法 激安PC格安PC購入方法





QLOOKアクセス解析